「不動産登記」のご相談、ご予約受付中!

不動産登記法の改正に備えて、ご準備はおすみですか?

 メールでご予約はコチラから

あてはまるものがあれば、ご相談ください。

□不動産を遺産分割で取得したが登記していない。
□登記してから、引っ越した。
□登記申請が煩雑でわからない。
□相続した不動産が遠方にある。
□相続人の中に認知症の人、行方不明者や面識のない人がいる。
□将来、子供たちが相続する時までに、きちんとしておきたい。
□相続不動産の価値が知りたい。
□相続登記が未完了の不動産を売却したい。
□不動産を相続したら税金がかかるか知りたい。
□その他、所有してる不動産について相談したい。
入居の流れ

不動産登記法の改正に備えて

当社提携の 司法書士に個別にご相談いただけます。

皆様の疑問や不安が解消するようお手伝いします。
どうぞ、お気軽にご予約ください。

電話でご予約 0120-15-8431

 

 

不動産登記法の改定のご案内

詳しくは法務省民事局のホームページをご覧ください。

法改正の注目すべき項目を2つをご紹介します。

 

その1:不動産の相続登記は相続人の義務になります。

●いつから?…令和3年4月28日から3年以内に施行されます。(未定:令和6年4月27日までに施行)

 

●何をしなければいけないの?
1)施行日以後に不動産を相続したら、3年以内に登記申請が必要になります。
2)施行日前に相続した不動産については、施行日(未定)から3年以内に相続登記申請が必要です。

 

●放っておくとどうなるの?…正当な理由のない申請漏れは10万円以下の過料を科せられる可能性があります。

 

その2:住所変更登記は名義人の義務になります。

田畑、駐車場、空き家やビルなど、何らかの不動産を所有されている方に関わる改正です。

●いつから?…令和3年4月28日から5年以内に施行されます。(未定:令和8年4月27日までに施行)

 

●何をしなければいけないの?
1)施行日以後に住所が変わったら、2年以内に変更登記申請をする必要になります。
2)施行日前に住所が変わっていたら、施行日(未定)から2年以内に変更登記申請が必要です。

 

●放っておくとどうなるの?…正当な理由のない申請漏れは5万円 以下の過料を科せられる可能性があります。


 メールでご予約はコチラから

アクセス